お気に入りに登録行政区画変遷一覧表(更に充実「地名&消印」サイト)

行政区画変遷一覧表(2012年サイト版)

2012/01/01 DVD販売開始 自治体変遷一覧、消印画像40,000点など収録

消印画像を無料で見ていただけるよう掲載してまいりましたが、サイトでの掲載は縮小いたします。
行政区画変遷一覧表「更新履歴」及び「画像掲載数」種別内訳をご確認ください。
消印の入手、画像加工、サイトの維持には多くの時間と費用がかかります。
消印画像40,000点など収録したDVDの販売を開始いたしますので、ご利用ください。
DVD販売で得た収益は、新たな消印画像の増強に使われます。

更新作業は、消印画像を増やすことを重点的におこないます。
並行して、記念印の意匠説明を加え、詳細解説予定です。
毎年、差分画像の提供を予定しております。
今回お買い求めいただきましたら、次回は差分画像を割引価格で提供いたします。
発送先お知らせいただければ、案内をお送りいたします。

又、不要な収集品のご処分をお考えの際には、散財させる前に当方にお知らせください。
現存する消印の画像化にご協力お願いします。


 明治4年に東京―京都―大阪と3都市間を結ぶ東海道の宿駅で、郵便制度が 始まりました。この頃集落として存在していた村々は、明治22年に自治体と しての市町村として併合されることになります。この「明治の大合併」により、 7万ほどの集落が、1万5千ほどの市町村に編成されました。
下の画像は、明治27年に「朝鮮・釜山」から「筑後国上妻郡黒木町」に差 し出された葉書です。「福岡県筑後国上妻郡黒木町」の内、「福岡県」の表示 は省略されています。
当サイト内「自治体変遷一覧表 地域別 福岡県」の「上妻郡」を見ると、 明治22年に集落としての「黒木町」「桑原村」「今村」が一つになり、自治 体としての「黒木町」になった事が分かります。差出日が明治27年でもあり、 「筑後国上妻郡黒木町」の表記は自治体「黒木町」へ差出した事だと分かりま す。宛先に「大字黒木町」「大字桑原村」「大字今村」の何れかの表記があれ ば、集落まで特定できます。
「上妻郡」「下妻郡」「生葉郡の一部」は明治29年に統合し「八女郡」 と名称を変えます。この葉書は「八女郡」になる2年前の物という事になり ます。「八女郡黒木町」は昭和29年「豊岡村」「木屋村」「笠原村」「串毛 村」、昭和32年に「大淵村」を合併。この頃の「昭和の大合併」により、市 町村数は1万弱から3500程度に少なくなります。平成22年「八女郡黒木 町」は他の町村と「八女市」と併合し新「八女市」となります。明治22年以 前の集落としての「黒木町」は、現在は「八女市黒木町黒木」という事になり ます。

合併等で変化する自治体の変遷を成立時から現在まで一覧表で紹介。
合併ラッシュの新自治体についてもわかる。更に充実「地名」サイト
行政区画変遷一覧表「更新履歴」をご確認ください。


今後の公開予定として、郵便番号の割振られていない大字・町名等を含め
現行地名を公開した後、自治体誕生時から現在までの大字・町名の変遷
を全公開します。又、平行して地名を研究するツールの一つとして、消印の
印影を公開することにしました。郵便局は現在、全国約2万4700局あり
ます。郵便局名に地名を反映している事が多く、郵便局の変遷を追う事で、
同時に地名の変遷も追う事ができる、優れた素材であると考えています。
消印印影を通じて、地名を考えてみるのも興味深いものです。


サイト内の画像を複製・転載等する場合には、事前にご連絡願います。

利用者が被った損害等の責任は、当方は負いかねます。自己責任の
範囲でご利用ください。画像データ等の商用利用を禁じます。リンクフ
リーですが、事後報告でもご連絡いただきますようお願いいたします。
データに誤りなどありましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレス(手入力で)


行政区画変遷一覧表(更に充実「地名&消印」サイト)